リサイクルが難しいプラスチックについて考えよう

>

廃プラスチックのリサイクルには問題がある

リサイクルする方がコストがかかる場合も

廃プラスチックのリサイクルが難しい理由として、「コストがかかる」という点が挙げられます。

ひとことにプラスチックと言っても、厳密には「プラスチック」という材質があるわけではありません。
ポリエチレン、ポリスチレン、ポリプロピレンなどの材質を総称してプラスチックと呼んでいるのです。
リサイクルする際には、これらの材質ごとに分類する必要がありますが、日本では家庭から排出される時点で分類がされていないので、処理施設で人力で分別する必要があり、これにコストがかかります。

さらに、プラスチックはリサイクルするごとに不純物が混ざって劣化します。
たとえば、透明なペットボトルをリサイクルして、また透明なペットボトルに戻そうと思ったら、不純物を取り除く作業に大変なコストがかかります。
よって、リサイクルしたとしても繊維や建材、質があまり求められない包装など、限られた製品にしかならないのです。

リサイクル可能な品質のプラスチックは一部

そもそも、回収された廃プラスチックは、どれでもリサイクルに回せるわけではありません。

食品トレイなど、包装に使われた廃プラスチックには汚れがついていることがほとんどです。
汚れがついた廃プラスチックは、そのままリサイクルに回すことができず、綺麗に洗浄しなくてはなりません。
また、プラスチックの性質上、汚れや臭いを吸い込んでしまい、簡単な洗浄では落とせなくなっていることが多くあります。
これらを丁寧に洗浄して、チェックしてリサイクルするのはあまり現実的でないとお分かりいただけると思います。

さらに、プラスチック製品の中には複数の材質を混ぜて作られた「複合樹脂」と呼ばれるもあり、材質の分別が重要なリサイクルにおいて、この複合樹脂を活用することは困難です。
複合樹脂だけでなく、着色やその他の添加物が含まれたプラスチックも、リサイクルが難しいとされています。


この記事をシェアする