リサイクルが難しいプラスチックについて考えよう

>

資源を活用して環境を守る

大量消費されるプラスチック

まだまだ大量消費の時代と言われる現代では、大量生産や、製品の過剰包装によって大量のプラスチックが排出されています。

プラスチックの例として、食品トレイ、ペットボトル、卵パック、包装フィルム、ビニール袋などの消耗品から、プラスチックの家具、雑貨、家電の一部などが挙げられ、私たちの身の回りの多くの物が捨てられるときに「廃プラスチック」となります。
これらの廃プラスチックは地域や製品によって、資源ゴミ、可燃ゴミ、不燃ゴミなどに分類され、処理場へと運ばれることになります。
資源ゴミはもちろん、可燃ゴミ、不燃ゴミに出された物でも何らかの形でリサイクルされることがあります。

しかし、本当にリサイクルされる廃プラスチックはそれほど多くなく、ほとんどが廃棄されています。

リサイクルには種類がある

リサイクルと言えば、缶を溶かしてまた缶を作るような、資源を製品の材料にすることを思い浮かべる方が多いと思いますが、これは「マテリアルリサイクル」と呼ばれるリサイクルの一種にすぎません。
リサイクルには他にも種類があります。

資源を熱や圧力などによって化学的に分解し、ガスや油などの化学原料にすることを「ケミカルリサイクル」と言います。
資源ゴミとして回収された廃プラスチックは、マテリアルリサイクルに優先的に回され、マテリアルリサイクルが不可能なものはケミカルリサイクルに回されるようです。

また、ケミカルリサイクルができない廃プラスチックを焼却する際には熱が発生します。
この熱エネルギーを発電や温水に利用することを「サーマルリサイクル」と言います。


この記事をシェアする